<   2010年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

エネルギー

f0035830_1105651.jpg

先日Beppuさんとtrip...mのミキティさん宅に行きました。
いつもおいしいお茶とスイーツをいただいてます。
この日はBeppuさん手作りのしっとりシフォンケーキ。
すごくおいしかったです。
ありがとうございました♪

何度か遊びに行ってますが、いつお邪魔してもほんっとステキなお家♪
いつお店するんですか?と毎回聞く私。。。
ここがお店かカフェじゃないのが不思議なくらい。
ナチュラルなセンス溢れる癒される空間です。
ちなみにBeppuさん宅もとっても可愛いです。
こちらもすごくステキでいつでもお店ができそうな雰囲気♪

お二人はナチュラル&レトロポップな布小物などを作られてる作家さんで木もれびクラフト市のメンバーです。
同じ街にこんなステキな作家さんが住んでいてこうして仲良くなれてホント嬉しいな、としみじみ思うこの頃。
今は高鍋町も沈んでるけど、活気を戻していきたいねってたくさん3人で話しました。
みんな思いは一緒。
今は構想を練って企画をするとき。

→の記事で書いたアリマン乳業さんの飲むヨーグルトはたくさん注文したのでお二人と、一緒にヨガに行ってるsinlaさんとtripletさんにもプレゼント。
濃厚で優しい味からそのまま生産者さんの思いが伝わってくるようでした。

今回のことで、誰しも負の感情が湧き出てくるのは仕方ないよね。
だけどそのエネルギーがそれこそウイルスのように街や地域一帯を覆ってしまうのだけは止めたい。
今ここにはあちこちからたくさんの応援や支援、あたたかい気持ちが届いているし、できる人だけでもピンチをチャンスに変えてプラスのエネルギーに転じていけたらなって思うのです。

闇があって光があるように、冷たい地中から太陽に向かって出てくる芽のように。

これからどんどん二極化すると言われています。
数年前からもうそうなってて、最近目に見えて傾向がはっきり分かるほどです。
それはひとりひとりが自分で決めることであり、他人がどうにかできることではないのだと思います。
みんなにその力があるので、どうか痛みを共有しながらも、今後のために少しずつでもプラスのエネルギーを発して欲しいと願っています。
[PR]
by chocolat138 | 2010-05-30 01:50 | Diary

太陽の国

f0035830_2243366.jpg

今宵は満月。
特に今月はパワフルみたいです。
正確には5月28日の8時7分。

一刻も早い口蹄疫の終息と携わっていただいてる方々、光の国へ行く動物たち、そして地球の未来のために今は祈ります。

今回のことをどう受け止めているかは個人でさまざまだと思います。
今までの価値観が覆されることが今後もきっとたくさん起きてくる。
でもそれは仕方のないことなのかもしれない。
蒔いた種は刈り取る。
毎日毎日受け止められない自分もいます。

こういう時はゆっくり深呼吸して、自分の内面を深く静かに見つめて。
そこに答えがきっとある。
どんなに環境が変化しても何があってもぶれない自分の軸があること。
ひとりひとりその力を試されてるのかもしれない。
2012年冬至まであとわずか。


・・・動物たちは人間のかわりになってくれてるんだよ。
・・・牛さん豚さんたちは本当の自然の姿に戻りたいのかもね。。。
・・・人間は自然への敬意を忘れてしまってそのことを気づかせてくれたのかも。


周りの友達がいろいろなメッセージを与えてくれます。
救われています、ありがとう。

どうして宮崎?
宮崎は神話の里、神様の国。
浄化されている神聖な土地。
ここから、また新たな世界が始まるからなのかな。

先日、注文していた川南町のアリマン乳業さんのキャラメルやジャム、飲むヨーグルトが届き、おいしくいただきました。
とってもコクがありまろやかで感動!
友達にもあげたらすごく喜ばれ、私も買うね~って言ってくれました。
お隣の町にあるのに、今回の口蹄疫で初めて知りました。
全国から応援メールとともに注文がきているそうです。

そして募金や義援金が3億円、とニュースで聞きました。
少しでも力になりたい、困ってる人がいたら助けたい、応援したいというあたたかい気持ちが全国から宮崎に集まっていて、胸が熱くなります。
人間ってやっぱりいいな。

畜産農家さんだけでなく、私の住む児湯郡、そして宮崎県全体へ影響が出ています。
高鍋農業高校でも発生し、生徒達の涙とともに動物達は埋葬されました。

もし皆様のお住まいの地域で、宮崎産のものがあったらぜひ買って食べてみてくださいね。
太陽の国宮崎で作られたものはパワーがいっぱいつまっててほんとにおいしいです。

どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by chocolat138 | 2010-05-27 23:27 | 口蹄疫

わたしはあなた

f0035830_177101.jpg


Enjoy Brilliant Day
毎日をステキに楽しく暮らせたらと思って書いているこのブログ。
人生はもちろん楽しいことばかりじゃないけど、それでも物事のプラス面、ポジティブなところをとらえてキラキラ生きていきたいから♪
生きていればみんな一緒。
誰かが特別ということはなく。
起こる出来事をどう解釈するか。

最近は口蹄疫のことばかりです。
岐阜にいるころからどうして報道がないんだろう、と自分でいろいろ調べてそして溢れる情報から真実を拾いたいとすべての感覚を研ぎ澄ませる毎日です。
今まで自分の身に起こることは自分で解決できたけど、もう自分ひとりではどうしようもないことに気づいて。
自分は当事者でもなく現場に行けるわけでもないけど、今回のことは、発生当時から被害にあわれた方々だけの問題ではないと思うから。

この世の人は、すべて命や食に関わる方々のおかげでまわってる。
そして今の自分がいる。

私はあなた。
あなたは私。

例えば、昨日の雨はありがたいね、という言葉。
昔(今でも?)あちこちで交わされていた言葉。
これは、晴れが続いてて、植物や花や大地や動物達が喉が渇いてただろうから嬉しいな、という自分ではないモノになれるという感覚。

そしておかげさまでという言葉。
直接お世話したわけではないけどよく交わされます。
これは、目に見えないところでめぐりめぐってつながって今があるから、という意味なのかな、と思います。

こういった精神を忘れつつあるから(みんな持ってて分かってるのに)、そのためにいろんなことが起きているのかなって思うのです。

点で見ず例えば地球規模で見れば、あちこちで大災害や人間が犠牲になっています。
そんな中、衣食住が足りて生きられてるなんてすごいことなんだなって気づきます。
そして生かされてることに感謝の気持ちしか出てきません。

時々、私であって私でない存在がキーをたたいてると錯覚することがあります。
見えない何かに突き動かされるように人間は生きて、そして芸術や生活を生み出してるんだって思えます。

すべてのものがつながってると思い始めた人たちから、波紋のように共振が起きています。

日本人は、かつての精神を取り戻して回帰する。
[PR]
by chocolat138 | 2010-05-24 17:40 | 口蹄疫

真実を知る

あんじぃ*さんのG☆jamjam~毎日ドタバタ~より転載です。

見出し 口蹄疫ワクチン全頭接種
死んだ子豚の写真が掲載されています。

【以下転載】

f0035830_16192599.jpg


今日の宮崎日日新聞です。

~死んだ子豚の写真について、掲載には賛否あると考えます。
しかし、発生地域の畜産農家の現状を理解してもらい、
また、一日も早い終息を願う農家の思いを伝えるために
掲載しました。~
(記事より 一部抜粋)

私もこちらにて紹介するのは考えましたが、
この新聞を見ることができない
全国の方にも知って欲しいと思いUPします。

『養豚の音なき終わりにすべもなく
只ありがとうの感謝あるのみ』


養豚業を築かれた88歳のお姑さんがよまれたそうです。

いずれは食される為の豚ですが、
畜産家は 沢山の愛情を注いできました。

「できるだけ怖がらせないように
殺してください」

・・・胸が締め付けられる思いです。

この悲惨な現状を無駄にしないために
今一度、みなができる事を考えてください。

【転載終了】

こころあるメディアは他にもあります。
47NEWS 口蹄疫と検索してみてください。

今実際に起きている現実は、現場を見られないなら写真を通してしか、こころに響かないことがあるはずです。
現政権を選んだ国民はひとりひとり今この事態の真実を知る義務があると思うのです。
真実とはいっても、現場はもっと言葉にできないほどだと思います。
私達は分かる範囲だけでも。

窓から見える景色はいつもと一緒です。
数キロ先で、住んでる地域一帯で、本来ならありがとうと感謝されて人間に命を与えてくれるはずだった30万もの命がすでに、そしてこれからも奪われていくなんて、私ですら想像できません。
国内初のワクチン接種、前例がないなら結果がどうなるのか。
健康で元気なのに消えていく30万もの命を絶対無駄にして欲しくない。
口蹄疫は致死率が低いそうです。
ウイルスによる病気で、治療すれば治るかもしれない。
だけど、人間界が決めた法律で、健康で元気なのに命を奪われる。
もし逆だったら。
牛や豚の世界だったら、人間の子供が感染力の強い病気にかかったから家族全員殺処分と一緒。

飽食の時代、食べ物への感謝、たくさんの命の連鎖の中で人間は生かされているということへの感謝を失い、核家族、他への関心が薄れたことによるさまざまな事件、生きていることのリアリティを実感できてない現代社会が抱えるすべての問題の根底を見つめなおす必要があるように思います。

そして、今回のことで、もう知らない、あるいは知らなかったではすまされない。
動物達が命を通して教えてくれることを学ばなければこれ以上の人間の進化はありえない。

ネットを通じ、真実が確実に全国に伝わり、大きなうねりになると信じています。
日本人の精神性はまだ壊れてない。
ひとりひとりが気づいて少しでも進化しなければ、日本の畜産を守るためになんとしても宮崎で食い止めたいと、自ら犠牲を払うことになる農家の方々が救われない。

一人ひとりできることを。
感染拡大につながることはしない。
多くのイベント、人の集まりが延期、中止になっています。
誰がウイルスの運び屋になるか分からないのです。
人間には感染しませんが、靴や車両についていることがあるので、感染地帯に行かないのはもちろん、不要不急な外出を控え、どうしてものときは徹底的な消毒。
もうすでに風評被害どころではない事態だから今さら噂やデマに耳を貸さない。
真実を知り、知らない人に伝える。
知事の涙を見た方なら、今まで知らなくても伝わるはず。
一ヶ月も前から発生してすでにその時点で町や県で解決できる事態ではなかったのに。
県民の願いはただひとつ。
どうかこのまま宮崎のせめて児湯郡、西都市、木城町で拡大が止まって終息へ向かうこと。
[PR]
by chocolat138 | 2010-05-22 15:04 | 口蹄疫

命って

今住んでる高鍋町の人口は確か約2万人。お隣の川南町は約1万7千人。
宮崎市は約40万人だったと思います。

口蹄疫、農水省のHPに情報が毎日アップされています。
159例目。
お願い誰でもいいから止めて。。。
ミクシィ口蹄疫コミュでも最新情報が得られるかと思います。
あまりの惨事に考えもまとまりません。
30万頭とか、気軽に口に出して欲しくない。

ずっと考えています。
すべての出来事が意味があって起こってるなら、今回のことは??
こんなになる前にどうにかなったかもしれないのに、どうして?
自力で頑張ってれば他力がすぐに加勢されて物事は良い方向に向かっていくものと思っていました。
ウイルスを抑える他力はあまりにも遅すぎたけど、今回の真実に気づき、そして支援や再生へ向けての他力はどんどん広がっていると思います。
布袋さんのブログで呼びかけがありました。
奥さんの今井美樹さんは高鍋町出身です。
今回のこと、どうして著名人や有名人が声に出してくれないのかずっと不思議だったけど嬉しかった。

そして意味があるとするなら、私が思うのは人間中心になってしまってる今の地球への警告。
早急に人間の意識を変えていかないといけない段階に入ってるから。
どんどん地球の波動が上がっていて、痛みを伴うことも増えていくと言われていて、その痛みは人間が払うべきなんだけど、日本は、特に宮崎は守られてるから、動物達が人間のかわりになってくれているんじゃないかって。
命をいただくということをハートで感じられていない今の現代人へ、食の根本を見つめなおして欲しいというメッセージなのかなって。
命ってそもそもなんだろう。
生かされてるってどういうことなのか。
平和ボケしちゃって、こんな事態になるまで気づかないなんて。
他の人がどう思うかは分からないですが、私はそう思うのです。

お世話になってる高鍋町役場の方が消毒作業を頑張ってくださってます。
高鍋町内の自主消毒ポイントも8箇所あるそうです。
たくさんの方々から応援があって12時間、24時間体制でされています。
今回の口蹄疫で休みもなく必死で戦ってくださっているすべての方にありがとう。
今日、再生へ向けて動き出そうとしている方とお話しました。
一人ひとり、今こそ役割を感じて動くときかなと思います。
私は現場に行けないけど、自分にできることを一つでも多く見つけてみんなを元気にしていきたい。

江藤拓 日常活動報告
そのまんま日記
代表で戦ってくださってる方がいます。。。
[PR]
by chocolat138 | 2010-05-20 22:53 | 口蹄疫

a0116066_18504519.jpg

a0116066_1854212.jpg

【クリックすると大きくなります】

6月6日(日)に宮崎県高鍋町高鍋城址で開催を予定しておりました木もれびクラフト市は延期します。
ハルカちゃんがステキなフライヤーを作ってくれたので、日付を抜いてアップしました。

今は一日も早く口蹄疫が終息へ向かうためにできることをしたいと思います。

昨日東国原知事非常事態宣言を出されました。

『口蹄疫ウイルスは数十万分の1グラムという
小さな飛沫からも感染する強い感染力を持ったウイルスです。
感染した家畜からは1日に数億~数千億個のウイルスが放出されます。
石灰が届かないような車のタイヤの溝に着いたウイルス、
消毒液の届かない車内に入ったウイルス、体に付着したウイルス…
それらが人によって運ばれ、人から人に、車から車に、
ウイルスが拡散してしまいます… 』

『今回の蔓延で一番拡散要因として疑われているのが、
人・物・車によるウイルス伝播です。
車両消毒と共に、発生地域では
車の窓を開けないようにすると共に、
毎日風呂かシャワーを浴びる・同じ物を何日も着ない等の清潔、
車に乗る際・降りる際・家に帰った時等に手・履き物の消毒をお願いします。

手・履き物の消毒は1000倍に薄めた食酢を
スプレーでふりかけて下さい。
もう一般の方の協力無しでは収まりません。
どうか、どうかよろしくお願いします。 』

今の時期にこちらに不用意に来られることは口蹄疫の拡大になりかねません。
悲しいですがありとあらゆるイベントや人の集まりが延期や中止になっています。
一人ひとり何もできないと思わずに何か小さなことでも始めていきましょう。
メディア報道に惑わされず、また報道されていない現場の声、真実を知ってください。
一人でも多く、この事態の深刻さ、重大さを受け止めていただきたいです。
事態はどんどん変化しています。
どうか正しい情報の取得、伝達をお願いします。
雨が降り始めました。
現場で必死で戦ってくださってる方たちにとってどうか恵みの雨となり、そして虹がかかりますように。

みやchanでは宮崎県民の声が多数あがっています。
友達のはりがね屋ホショ。のブログでは詳しく支援や募金について情報があがっています。
川南のムッチー牧場だよーん。のブログでは現場の生の声、全国から応援メッセージが届いています。

青空にたくさんの風船が上っていくように、支援や再生へ向けて絆が広がっていきますように。。。
そして尊い命がうかばれますように。。。
そしていつもの日々が戻ったら、地域を元気にしたいのでそのときに開催できたらと思います。
みんなに笑顔が戻ったら必ず開催しますので、そのときはぜひたくさんの方に来ていただけたらと思います。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

【画像、文章ともに一部・全部転載OKです。HPやブログをお持ちの方はぜひご協力お願いします。またその際はできましたら私のブログEnjoy Brilliant Dayへのリンクもお願いします】
[PR]
by chocolat138 | 2010-05-18 10:27 | 木もれびクラフト市*舞鶴*

無知は罪

今日宮崎に帰ります。
3年前から住んでる高鍋町に。
昨日までテレビも新聞もほとんどこちらでは報道されていませんでしたが、今朝は取り上げられていました。
高鍋でも、その南の新富町でも口蹄疫が発生しました。
人間の移動規制がない限り広がるのではと思います。

無事帰れるんだろうかと先週から思ってましたが、飛行機も電車もバスも動いてるんですよね。
とにかく祈り続けようと思います。


*
*
*

無事に帰ってきました。
良かったのか悪かったのか。。。
帰省中に私にできたことは、ブログに口蹄疫のことを書くことと、会う人全員に口蹄疫の真実を伝え続けることだけでした。

岐阜も名古屋もセントレアも福岡空港も博多もいたって普通でした。(今回は福岡経由)
そして宮崎も高鍋も。
この当たり前のように感じる平和は、先人達の、そして今現在も戦場と化した最前線で必死で戦っている方たちの多大な犠牲の上に成り立っているということを改めて思い知りました。
大きな力による浄化がどこよりも早く今宮崎で起きてるんだと思います。
無知な自分を嘆いて現状に泣いたところで始まらないし、帰ってきたんだから自分にできることをしよう。

こちらに住んで3年、外国風のステキなレストランを見つけてよく食べに行っていて、ここのあじ豚は夫婦でお気に入りでした。
きっとまた食べられると思います。
でも今は言葉がありません。。。
[PR]
by chocolat138 | 2010-05-17 09:26 | 口蹄疫

祈り

f0035830_2355130.jpg

先日友達と小旅行を計画して伊勢神宮へ行きました。
日ごろ健康で生かされていることの御礼と感謝の気持ちだけお伝えするつもりでした。
先週妹に赤ちゃんが生まれて、可愛い姪っ子ちゃんの健やかな成長とちょこっとだけ自分の子宝祈願と。。。と欲も出ちゃったけど。。。

でも今はとにかく宮崎県の口蹄疫の早い終息と、安心して子供たちが暮らせる日本になるようお祈りしてきました。
どうか今は計り知れない悲しみの中にいる農家の方たち、必死で私たちのかわりに戦ってくださってる方たちに明るい希望の光がさしますように。
そして何万と消えていく人間と変わらない大切な動物たちの命。。。
どうかどうか安らかに。
書いてる今も何をしていても泣けてきます。。。

f0035830_2362427.jpg

自分の直感で感じたことはだいたい大丈夫です。
そうやって生きてきました。
自分の判断でこのブログも更新しています。
どうか読まれてハートに響いた方は、ご自身の判断で今回の口蹄疫の真実を見極めていただきたいと思います。
元気な宮崎を取り戻すためにできることをやっていきたいです。
[PR]
by chocolat138 | 2010-05-13 23:06 | 口蹄疫

生産性

口蹄疫について、調べれば調べるほど信じられないことが出てきて一人かつてない危機感を岐阜にいながら感じています。

今朝、次回の木もれびクラフト市のことで役場の方とお話したときも今日も新たに発生したと聞きました。
イベントについては来週高鍋に戻って実行委員会や町の方と話し合って決めるつもりですので今しばらくお待ちください。
今住んでいる高鍋町は川南町と隣同士です。
川南、都農、どちらものどかでとてもいいところです。
だけど愛情いっぱいに育てられていた川南町の牛や豚がもう全体の半数近く消えてしまう。
動物たちに罪はないのに。。。
これ以上感染を広げないために一般市民も車両消毒をして不用意な移動は避けるべきだと思います。
イベントが活気付けになるならやりたいし、来てくださった方に被害にあわれた方への募金をお願いしようと思っていますが、開催することで町外、県外から人や車両が行き来しウイルスを広げることになるのなら絶対避けなければいけません。
イベントはいつでもできるから。
終息してから地域を元気にするために開催してもいいのです。
今は被害にあわれた方の心情を察し、何万というかけがえのない罪のない命がなくなっていく事実を受け止め、事態終息のためにできることをするべきです。

最悪の事態を考えて動くのは当たり前だよね?
大げさすぎるくらいで考えていかなきゃいけない事態だと思うんですが。
町、県レベルでなく国レベル、他人事ではけしてないし、食糧危機が来ることは想像してたけどこんな形で始まるの?

今は消耗戦をするよりとにかくちょっとでも生産性のあることを各自することが大切だと思います。
現場の状況、当事者の方の心の内を知る由もない私たちは、正しい知識と良識を持って何が真実で何がそうでないか見極めて発信し伝えていくべきです。

現場の生の声をネット上で知ることはできます。

川南町のムッチー牧場だよーん。

宮崎大学農学部獣医衛生学研究室HP


以下、ハルカちゃんのミクシィ日記から知った事実と、ご本人の日記からの転載です。


≪以下mixよりi転載≫

最前線で消毒等に関わる人達から、貴重なお話を得たので、まずはそちらを。

★地元民だろうが、絶対に通過するなポイント★
このポイントに住所をお持ちの方だけ、通行して下さい。更には、必ず侵入の際は消毒を徹底して下さい。

ポイント
・高鍋のトヨタから通山小学校に向けて上がる坂道
・川南のホテル『パイン』から山ではなく、海側に入る道
・通山小学校から高鍋に向かう道

すでにこの3ポイントはほとんど通行禁止にはなっていますが、裏道含めて絶対に通過しないで下さい。なぜなら、この3ポイントを結ぶ地点に

家畜改良事業団

の施設があります。この施設は宮崎県の畜産の最重要施設で、現在、宮崎県のありとあらゆる種の種牛が居るそうです。こちらがやられた場合、宮崎牛ブランドは完全壊滅との事。

元の宮崎牛ブランドに戻すまでに、最低でも20年かかると聞いております。

宮崎の財産です、これだけは守りきらなければなりません。

ご協力をよろしくお願い申し上げます。



次に、もっとリアルな損害状況を確認して参りました。

1.川南のAコープ(JAOと呼びますが)のブランド、ヤングビーフ
こちらは、ほぼ壊滅です。ヤングビーフを肥育された農家さんが、今回の件でいなくなってしまったので、きちんとした供給が出来る物ではありません。当分、食べられなくなるでしょう。


2.はまゆうポーク
川南はメインの生産地でしたが、こちらもほぼ壊滅。原種豚センターがやられたので、必然的にそうなるそうです。豚ってのが、牛と違い、直接の交尾での繁殖を行う家畜の為、保管精子などはほぼ無いに等しく、また町外の無事な豚や町内の無事な豚を含めても、現在の供給量にはほぼ遠くなりそうだとの事。


3.ハーブ豚
こちらは浜勝なんかでも、よく見かけるやつですね。こちらもメインの生産を行っていた所が被害にあっています。勿論、県内各地でこちらの施設以外でも生産を行われていたでしょうが、中心生産地は川南だった様で、今後はハーブ豚自体の供給量に大きなダメージがあるとの事。


これら3つは今後、口にする事が困難になる事が予想されます。

更に最悪の事態と致しましては

川南のソーセージ店舗 ゲシュマック

こちらは、あじ豚と言うブランド豚を育成しており、こちらの施設はまだ無事を確認しております。

しかし、もしここもやられてしまうと、ソーセージが無くなります。高鍋の居酒屋さんには、こちらの肉のしゃぶしゃぶなんかがありますが、それも無くなってしまいます。

マイミクさんにもファンの多い、肉と店舗ですが、非常に恐ろしい状況下ではあります。

消毒の徹底と不用意な感染確認地への侵入はお止め下さい。


また、牛と豚自体がダメだと言う事は、堆肥がダメになるんだよ

と別の方からお聞きしました。つまり現在、畜産部門だけでなく、一般的な農家さんにも深刻な状況が訪れています。夏に向けての作付けが出来ないそうです。

これらを統合すると6月以降は野菜・肉、共に供給量が著しく減少する事が予想されます。

それでも、報道されないんです。僕の記したすべては、僕が書かないと新聞やニュースには載りません。

しかし、きちんと知らないと、7万6千頭と言う数字だけが一人歩きしてしまっているのです。何が無くなってしまって、それを取り返すのがいかに過酷であるのか、これを知って欲しいです。

そして、それをずっと放置してきた現政権の余りにも酷過ぎる悪行を。


マイミクさんのすべてに拡散願います。

各バイクチームやバイク乗りさんは、川南町より北部へのツーリングは自粛下さい。川南から、延岡へと菌を運ぶ事になります。

ドライブ好きの皆様も、自粛下さい。

川南より北にお住まいの方は、高鍋町侵入手前で可能な限り消毒をされて下さい。更に欲を言えば、産業道路や県道の走行はお止め下さい。国道を走られる事をお願いします。


この地で生まれ、この地で育った者としてこれ以上、俺の故郷が他の地域や人にご迷惑をおかけしないお手伝いをお願いします。

そして、ひと段落したら、少しでいいので支えてあげて下さい。

腹一杯、飯を食いに来て下さい。

どうか、どうかお願いします。


5月13日 追記

注意!

一部報道で、改良事業団から西米良に種牛を移した

との報道がありましたが、決して全部ではありません!!

一部の種牛、が正確な報道です。


早速、このニュースを受けて、該当の道路を通り抜けようとするドライバーが出没しております。

また、悪質なドライバーになると、消毒を嫌がるために

『地元の人間です』

と嘘をついてまで通り抜ける輩も出没しております


何度も言いますがその軽率な行為が、宮崎の財産をことどとく潰してしまうかも知れない事に、なぜ気付いてくれないのでしょうか?


地元より心からお願いします

関係ない地区にお住まいの方は、通り抜けされないで下さい

≪転載終了≫
[PR]
by chocolat138 | 2010-05-13 16:50 | 口蹄疫

命をいただく

私はちょうど宮崎で口蹄疫が報道されたころ帰省して、今は宮崎にいません。
こちらのテレビチャンネルは宮崎の倍ありますが、報道規制でもあるのかニュースではあんまり聞きません。

お友達のりあんちゃんの日記から転載します。
りあんちゃん、掲載してくれてありがとう。


≪以下mixiより転載≫

皆さんありがとうございます
昨日も20人近いマイミクさんが日記に書いてくれて1件1件お礼を言いたい所ですが、バタバタしてて
今一番ありがたいのはこの現状を知ってもらうこと世論で政府を動かすしかもう手が無いんです

昨日日記に書いた仲間の輪による消毒剤の話も、政府の圧力がかかり、
“各県まず自分所の防疫の徹底をせよ。宮崎は農相みずから出向き全力で対応している”
との電話があったみたいです。

消毒剤が圧倒的に足りません。
消毒剤の事は昨日書きましたが、
人手も圧倒的に足りません。
政府は“現場スタッフを国としても確保している”と発表してますが、一昨日までの現場スタッフ350人のほとんどは県のスタッフ。
九州農政局から3人の獣医師と20人のスタッフ、追加で30人の自衛隊。
農政局の獣医師はペーパー獣医師で現場しゃまともに牛に触ることも出来ない、追加で来た自衛隊は4日出たら2日休み実質2/3の労力。
昨日から宮崎による確保と九州各県の応援により倍の700人体勢に。
それでも殺処分対称の1割しか処分出来てません。
県も、保健所も、獣医師も、JAも、市町村も、休みなしで必死になって頑張ってます。
保健所の友人はGWどころか、発生からずっと休み無し、6~21時の重労働。爪は割れ、消毒剤で手の皮膚が爛れ…、
それでも必死になって戦ってます。
マイミクさんの旦那さんも新婚、子供が産まれて初めてのGWも休み無しで頑張ってくれてます。
ホントに感謝しています。

それでも全然処分が追い付かないんです。
今、処分対称の10万頭のうち、20日間で処分が終わったのは1万頭にも届きません。
今1日の処分頭数が千頭。毎日発症する頭数の方が圧倒的に多いんです。
感染した牛は毎日10億個、豚は5兆個のウイルスを撒き散らします。感染拡大が止まりません。

4月末に発症した友人の農場では、今のペースでは5月内に処分出来るかどうかと言った所です。
全て殺されてしまう。それでも弱れば排出するウイルスが増える。だから、殺されるのがわかってても、毎日餌をやり、ビタミンをやり、あらゆる手を尽くして少しでも牛を健康に保とうとしてます。
でも、農場全ての牛に広がり、弱い子牛から次々に弱り、死んでいきます。
死んでも処理業者も出入りできないため、死体の上に大量の石灰を乗せても、腐敗し異臭を放ち始め、
それでも親牛は自分の子を一生懸命舐め、石灰を落とそうとします。
消毒剤の不足から、本来は牛に使わないような強い薬を大量に毎日浴びせられ、牛は毛が抜けぼろぼろになっていきます。
そんな中で、自分の家族同然の牛を殺す事も出来ず、飼い続けなければならないんです。

また、保健所や獣医師が殺処分現場に集中せざるを得ず、発症が疑われる農場の検査も出来ず、
テレビや報道では50件80000頭となっていますが、
俺が把握してるだけで発症の疑いがあり検査待ちの所があと40農場あります。
とにかく人手が足りないんです。

もう殺処分が追い付かないんです。首相が激甚災害に認定し、自衛隊を出さない限り、拡大は収まりません。
「その必要があるかどうかを関係閣僚と話し合い、必要とあれば検討する」とか言ってる場合じゃないんです!!

ワクチンと言う手も有りますが、現行の法律では使えず、
しかも大臣は「参院選後の国会で立案立法を…」
とか言ってますが、
その頃には国内の牛・豚・山羊・羊・鹿・猪…等の偶蹄類はいなくなってるでしょう。

皆さんにお願いです。
とにかく、今、宮崎で大変な事が起こってると言うことを、多くの人に伝えて下さい。もう世論で政府を動かすしか方法がないんです。

資材機材も、人手も、予算も…
もう国に頼るしかないんです。
よろしくお願いします。

≪転載終了≫

牛や豚などたくさんの地球上の動物が人間の命をつないでくれてるということ。
本当は食べられたくなんかないし、そのとき動物たちは涙をぽろぽろ流すと聞いたことがあります。
知らないでいいことは知らなくてもいいと思う。
でもたくさんの人が本当に知らなきゃいけないことが今宮崎で起きています。
家族同然の動物たちを失う方たちの悲しみ。
人間の命になるんじゃなく殺処分という形で。
もうこの言葉はなくなってほしい。
早くよい方向へ向かうのを祈ります。
[PR]
by chocolat138 | 2010-05-11 15:57 | 口蹄疫